2005年04月07日

Best of Bowie

Best of Bowie [Virgin US/Canada] [Bonus CD]
David Bowie
Virgin 2002-10-22


by G-Tools

ドッグヴィル プレミアム・エディション  デヴィッド・ボウイのベスト盤『Best of Bowie』を買ってみたですよ。

 昨年、映画『ドッグヴィル』を観て以来ハマりまくっている、ラース・フォン・トリアー監督がボウイのファンらしいのですが(『ドッグヴィル』のエンドロールにもボウイの Young Americans が使われています)、トリアー監督のイメージとボウイのイメージがどうしても結びつかず、曲もそれほど聴いたことがなかったので、じっくり聴いてみたら何か感じるものが出てくるかなと思って買ってみたんですけど、「けっこう Tom も好きかも?」ということがわかっただけで、二人を結びつけることができませんでした(笑)。

 Young Americans ;
  David Bowie - Young Americans - Young Americans

続きを読む


Comment(0) | TrackBack(0) | 本・音楽 | ▲ TOP へ
posted by Tom at 13:58 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2005年02月26日

英辞郎 第二版

 スーパー英和・和英辞典、『英辞郎 第二版』が発売されたんですね。なんだか装丁が、Mac OS X 10.3 Panther のパッケージに似た感じに変わっていますけど。今回は収録項目130万突破なんだとか。

 前の版は Tom も持っていて、Mac OSX 用の検索ソフトが収録されていないので、辞書ファイルを変換して Jamming で使用していますが、第二版には検索ソフトに OS X でも動作する PDIC Viewer の英辞郎IIエディションが収録されるということで、Mac ユーザで買う人が増えるんじゃないかなぁ〜、と勝手に予測しています。第二版も買おうかなぁ。

 Tom の場合、特にローカライズ作業中は辞書をひく回数が増えて、『英辞郎』も大活躍。現在もローカライズ新作進行中(←本当はこれが言いたかったの 笑)。

英辞郎 第二版
EDP
アルク 2005-02-26


by G-Tools
Comment(6) | TrackBack(0) | 本・音楽 | ▲ TOP へ
posted by Tom at 23:17 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2005年01月09日

ラース・フォン・トリアー スティーグ・ビョークマンとの対話

ラース・フォン・トリアー スティーグ・ビョークマンとの対話
ラース・フォン・トリアー
水声社
2000-12-25


by G-Tools

 昨年の Tom は映画『ドッグヴィル』を観賞後、すっかりラース・フォン・トリアー監督にハマってしまいました。正直、こんな素晴らしい監督を見逃してきた自分を恥じました、ハイ。

 そんなわけで DVD で発売されているトリアー監督作品をすべて購入、昨年末までにすべて鑑賞し終えたので、復習の意味でこのインタビュー集を読んでみました。インタビューでは、フィルムスクール時代の作品やコマーシャルフィルにも触れられていて、たいへん興味深く読むことができました。トリアー作品が好きな人は読んでみて損はないでしょう。

 今年はアメリカ三部作の第二作、『Manderlay』(原題)も公開予定(お披露目はカンヌ国際映画祭でしょうか?)。こちらも楽しみです。

 トリアー作品は決して万人受けするものではありませんが、ぜひ一度ご覧になることを強くお勧めいたします。

Comment(0) | TrackBack(0) | 本・音楽 | ▲ TOP へ
posted by Tom at 01:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。