iPad 遂に発売!

【iPhone 3GS】ネットで購入!<送料無料・24時間営業>

MacPeople Mac Fan 送料無料の定期購読が便利です

2010年05月29日

LensFlare 5.0 [iPhone]

 写真にレンズフレア効果をつけられる iPhone アプリケーションです。

 LensFlare を起動したら中央のカメラのアイコンをタップして、
screenshot

 内蔵カメラで新規に写真を撮影するか、写真アルバムから写真を選択します。サンプルの写真が何枚か含まれているので、そこから選択して試すこともできます。
screenshot

 読み込んだ写真に光源が加わり、端末を傾けることで光源の位置を調整できます。
screenshot

 右上の錠前のアイコンをタップすると、光源を固定させてドラッグで位置を調整できるようになります。
screenshot

 左から2つめのアイコンをタップすると、光源の種類を変えることができます。全部で18種類の光源が収録されています。
screenshotscreenshot

→ 続きを読む
2010年05月27日

美味カメラ 1.0 [iPhone]

 料理の写真をより美味しそうに変換する iPhone アプリケーションです。

 内蔵カメラで新たに料理の写真を撮影するか、写真アルバムから選択すると、ボタンとツールバーが表示されます。
screenshotscreenshot

 ツールバーの目玉のアイコンのボタンをタップするとボタンを隠して読み込んだ写真を表示し、カメラのアイコンのボタンをタップするとほかの写真を選択(撮影)できます。料理の種類に応じて9種類のボタンから選択できるようになっており、その料理を最も引き立たせる写真に自動的に変換してくれます。
screenshotscreenshot

 アイスクリームはどのボタンを選択するべきかちょっと迷って、「ケーキ」(左)と「etc...」(右)のボタンで変換してみたんですけど、色味が異なっているのがわかります。
screenshotscreenshot

 ツールバー中央のボタンをタップすると、変換(調理)前後の写真を比較可能です。右側のボタンをタップすると、カメラロールに保存したり、
screenshotscreenshot

 画像をメールに添付して「美味カメラ」内から送信することができます。画像の保存解像度は、設定で4種類から選択可能(現行のバージョンでは、一度「美味カメラ」を終了すると設定がデフォルトの800ピクセルに戻ってしまうようです)。
screenshotscreenshot

→ Download はこちら
2010年05月26日

シンメトリー 2.0.0 [iPhone]

 簡単にシンメトリー画像を作り出せる iPhone アプリケーションです。

 「シンメトリー」を起動して画面に触れるとツールバーを表示するので、中央のボタンをタップして写真アルバムから写真を選択するか、
screenshotscreenshot

 内蔵カメラで新規に写真を撮影。画像が左右に動いて
screenshotscreenshot

 シンメトリー画像が作り出されます。画像をドラッグして細かい調整をおこなったり、フリックでシンメトリー画像を高速にスクロールすることもできます。端末を振ってもシンメトリー画像を作り出せます。
screenshotscreenshot

 ツールバーの右から2つ目のボタンをタップすると、垂直/水平方向の対称軸を切替可能。左から2つ目のボタンをタップすると対称軸を追加でき、
screenshotscreenshot

 さらにフシギな画像を作り出せます。
screenshotscreenshot

 おさかなアイコンもこんな感じに(笑)
screenshotscreenshot

 気に入ったシンメトリー画像ができあがったら、ツールバーのアクションボタンをタップして画像をカメラロールに保存できます。Twitter アカウントを設定しておくと、TwitPic に投稿することも可能です。高解像度な画像の編集・保存もできますが、動作が遅くなるため 960 ピクセル以下の画像を推奨しています。
screenshotscreenshot

→ Download はこちら
2010年05月25日

Hipstamatic 155 [iPhone]

iconレンズ、フィルム、フラッシュを交換することでさまざまな種類の写真を撮影できる、トイカメラ iPhone アプリケーション

What's New

  • You can now zoom-in to Recent Prints (just double tap a print, or tap once then tap the tiny thumbnail)
  • Images are now geo-tagged (if you have 'Save EXIF Data' turned on in Settings)
  • Increased the maximum number of Recent Prints to 72
  • Increased the default print size to 600 pixels square

 実際のトイカメラを忠実に再現した iPhone アプリケーション、Hipstamatic がアップデート。このバージョンから、デフォルトの保存解像度が 512*512 ピクセルから 600*600 ピクセルに変更されています。

 Hipstamatic を起動するとカメラの背面を模した画面になり、丸い黄色のボタンをタップして撮影します。ファインダーの下のスイッチを左に動かすとフラッシュを利用したような撮影が可能です。右下の矢印のボタンをタップすると、
screenshot

 カメラの前面を模した画面に切り替わり、
screenshot

 横にフリックしてレンズを交換できます。
screenshot

 ツールバー左側のボタンをタップすると、フィルムの選択画面に切り替わり、
screenshot

 上下にフリックしてフィルムを交換可能です。また、ツールバーの左から2つ目のボタンをタップすると、フラッシュを交換することができます。
screenshot

 一部のパーツは有料で、アプリ内課金で購入可能です。標準の状態でレンズとフィルムが3種類、フラッシュが2種類備わっています。
screenshot

→ 続きを読む
2010年05月02日

Slow Shutter (低速シャッタースピードカメラ) 2.1 [iPhone]

icon疑似的にシャッタースピードを調整して撮影できる iPhone アプリケーション

What's New

  • シャッターボタンにタッチしたときの手ぶれを防ぐために、シャッタータイマー機能を追加しました。

 疑似的にシャッタースピードを調整して撮影できるカメラ iPhone アプリケーション、Slow Shutter (低速シャッタースピードカメラ) がアップデート。

 Slow Shutter を起動して左下の歯車のアイコンをタップすると、シャッタースピードを1/15〜30秒の間で、露出値を- 2〜+2EVの間と、自動で最適な露出に補正する「AUTO」、ハイダイナミックレンジ処理を行う「HDR」で選択できます。下のボタンで、白黒写真モード、シャッター音、自動保存のオン/オフも切り替え可能。このバージョンでは「Timer」ボタンが追加され、これをオンにしておくと
screenshotscreenshot

 シャッターボタンをタップして数秒後、もしくは端末の振動がなくなった時にシャッターを切るようになり、手ぶれを防ぐことができます。撮影後のプレビュー画面で「EXPORT」ボタンをタップすると、
screenshotscreenshot

 TwitPic に画像をアップロードし、Twitter にツイートすることもできます(自動的に「#SlowShutter」のハッシュタグが入ります)。
screenshotscreenshot

 「設定」アプリケーション内にある SlowShutter の設定で Twitter のアカウント情報を入力しておく必要があります。タイマーの遅延時間(もしくは手ぶれ停止時にシャッターを切るモード)の選択もここでおこないます。
screenshotscreenshot

 保存解像度は320×426ピクセルのみです。
screenshotscreenshot
screenshotscreenshot

→ Download はこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。