2009年11月24日

1Password 3.0.1

iconWeb サイトのアカウント情報を管理しワンクリックで入力してくれるツール(シェアウェア $39.95 Universal)

What's New

  • NEW Added support for new Camino 2 release.
  • NEW 1Password menu item is now displayed in Camino 2 webpage shortcut menu.
  • NEW Secure notes will now be created if you drag-n-drop .txt, .rtf, or .rtfd files into 1Password. This helps when importing data from various sources, including Yojimbo.
  • CHANGED Added special checks to detect and block frequent automatic data file reloads that could happen when data folder is constantly changing. This prevents system slowdown/freezing when fseventsd incorrectly reports constant data folder changes.
  • CHANGED Made changes to possibly fix reported problem of password text overflowing view bounds for very long passwords.
  • CHANGED Improved initial selection of source list item 'Logins' when opening an existing keychain when no preferences are set.
  • CHANGED Display of expiration date fields now conforms to user's locale settings.
  • CHANGED Fixed problem displaying search results. When all table columns are removed, the default column settings are substituted.
  • FIXED Disabled several menu items under Help that cannot be used when 1Password is locked.
  • FIXED Fixed problem where adding Sample data may incorrectly cancel the 30-day trial period.
  • FIXED Now preventing software icon from covering up software license text.
  • FIXED Fixed problem with identities thumbnail image moving down the screen when switching between identities.
  • FIXED Fixed starting date of year 0001 when using the pop-up date picker on a disabled date field.
  • FIXED Fixing problems showing '+' and Add Sample Data buttons while locked after creating a new keychain with existing preferences.

 Web サイトのアカウント情報の管理に便利な 1Password がアップデート。先日正式版がリリースすされた、Camino 2 がサポート Web ブラウザに追加されています。
screenshot

 また、txt, rtf, rtfd ファイルを 1Password のアイコンにドラッグ&ドロップすると、
screenshot

 その内容から自動的に Secure Note を作成する機能が加わっています。
screenshot

 サポートされてる Web ブラウザでアカウント情報の入力が必要な Web サイトにログインするだけで、情報を 1Password に登録することも可能。
screenshot

 次回からは 1Password を起動しなくても、Web ブラウザのツールバーに表示される 1Password のボタンをワンクリックするだけでアカウント情報を入力してログインできるようになります。
screenshot
 対応しているほかの Web ブラウザでも登録した情報を使い回せるので、Web ブラウザを乗り換えた時にも便利です。複数のアカウントがある場合にも、選択してログインできます。

 1Password 3 では、編集モードにしてアカウント情報にタグを付けたり、
screenshot

 関連ファイルをドラッグ&ドロップで添付できるようになりました。
screenshot

 Web サイトのアカウント情報だけでなく、クレジットカードや住所、Email アドレスなどの情報も管理可能。シェアウェアや製品版のソフトのアイコンを 1Password 3 のアイコンにドラッグ&ドロップするだけで、
screenshot

 ソフトのアイコンとソフト名が自動入力されるようになり、ソフトのライセンス管理にも便利です。
screenshot

 一定時間 1Password を使用しないでいると、設定したマスターパスワードを入力をしない限り開けないように自動的にロックできるので、大切な情報をしっかりガードしてくれます。
screenshot

 iPhone アプリケーションの 1Password touch と情報を同期することも可能です。

→ Download はこちら


Comment(0) | TrackBack(0) | ユーティリティ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 12:50 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2009年11月20日

1Password 3.0.0

iconWeb サイトのアカウント情報を管理しワンクリックで入力してくれるツール(シェアウェア $39.95 Universal)


 ベータ版はご紹介していませんでしたが、Web サイトのアカウント情報の管理に便利な 1Password がアップデート。旧バージョンからはアップグレードライセンスを購入する必要があります。
screenshot

 1Password 3 ではインタフェースが新しいものに変更され、Web サイトのアカウント情報を登録するとページのサムネイルが付くようになりました。
screenshot

 環境設定の「General」パネルで「Download missing icons and previews」をクリックすると、既存のアカウント情報にもサムネイルを付けることができます。
screenshot

 また、編集モードにしてアカウント情報にタグを付けたり、
screenshot

 関連ファイルをドラッグ&ドロップで添付できるようになりました。
screenshot

→ 続きを読む
Comment(0) | TrackBack(0) | ユーティリティ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 20:20 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2009年11月09日

ClipMenu 0.4.2

iconクリップボード履歴を記録しておくツール(フリーウェア Universal)

What's New

 new:
  • 指定したアプリケーションをクリップボードの監視対象から外すための、除外アプリケーション機能を追加。
  • クリップボード履歴を、テキストファイルとして書き出す機能を追加。
  • プレリリース版の自動アップデートに対応。
 changed:
  • 履歴の管理方式を変更。
  • 履歴の重複チェックの方法を変更。
  • 履歴のソート順の設定方法を変更。
  • メニュー内の画像表示方法を変更。
  • 起動時の初期化方法を変更。
 fixed:
  • ステータスバーにアイコンを表示しない設定にしていても、起動時に反映されない問題を修正。

 シンプルなクリップボード拡張ユーティリティ、ClipMenu がアップデート。Mac OS X 10.6 Snow Leopard では、64 ビットモードで起動します。
screenshot

 このバージョンでは、指定したアプリケーションをクリップボードの監視対象から外せる「除外アプリケーション」機能が追加されました。
screenshot

 また、クリップボード履歴を単一もしくは複数のテキストファイルとして書き出せるようになっています。
screenshot

 プレーンテキストから画像まで全部で8種類のクリップボードの内容を保存して、メニューバーのアイコンや、ショートカットキーでカーソルがある位置にメニューを表示してペーストして利用したいものを選択することができます。
screenshot
 メニューに表示しきれないテキストは、Tooltip に全文表示することも可能。メニュー内の画像表示方法も変更されています。

 クリップボードの履歴を保存するだけでなく、環境設定の「スニペット」パネルによく使う定型文などを登録しておけば、
screenshot

 ショートカットキーでメニューを呼び出してペーストして利用することもできます。
screenshot

 デフォルトのショートカットキーは「command + shift + v」ですが、環境設定の「ショートカット」パネルでカスタマイズ可能。
screenshot

 JavaScript を利用してテキスト形式の履歴を加工する「アクション」も利用できます。
screenshot

→ Download はこちら
Comment(0) | TrackBack(0) | ユーティリティ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 00:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2009年10月31日

Shupapan 5.8

 多機能なリネームソフトです。

 リネーム処理するファイルやフォルダを Shupapan のアイコンかウインドウにドラッグ&ドロップ。
screenshot

 ドラッグしたフォルダ内のファイルをリネームする場合にも、ファイルタイプ、クリエイター、拡張子、正規表現から条件を設定して、合致するファイルのみをリネームすることができます。
screenshot

 連番変換、文字列の追加、文字列の置換、拡張子の追加/削除など24種類の処理をおこなえるだけでなく、
screenshot

 最大5つのリネーム処理を組み合わせて実行する「バッチリネーム機能」も備えています。
screenshot

 どのようにリネームされるのかプレビューで確認後にリネーム処理をおこなえます。
screenshot

 環境設定の「ファイル名の復元」パネルで、「リネーム処理の履歴(レストアファイル)を保存」にチェックを入れておけば、
screenshot

 リネーム時に履歴を記録してくれ、
screenshot

 「ファイル名の復元」ボタンをクリックすると、記録した履歴を元に選択したファイル名を復元できるリストア機能もあります。リネーム後に移動したファイルや、再度別の名前にリネームしたファイルでも追跡して復元することができます。
screenshot

 リネームの設定ファイルを複数作成しておいて、用途別に設定を使い分けることもできます。

→ Download はこちら
タグ:リネーム
Comment(0) | TrackBack(0) | ユーティリティ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 21:30 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2009年10月28日

Libera Memory Resident 1.1

iconメモリの Inactive 値を一定の間隔でチェックし解放を試みるソフト(フリーウェア Universal)

What's New

  • 実行履歴の記録表示機能を追加しました。

 メモリの「Inactive(不使用)」値をチェックして、実メモリ不足に陥らないように解放を試みる処理をするソフト、Libera Memory Resident がアップデート。

 Libera Memory Resident を起動したら、「Inactive」値をチェックする間隔と、解放を試みる「Inactive」の最低値を設定して、
screenshot

 「保存」ボタンをクリックするだけ。左下が「監視中」の表示に変わります。
screenshot

 Libera Memory Resident は設定をおこなうだけのソフトなので、終了しても問題ありません。このバージョンでは、「ファイル」メニューの「ログ」から、
screenshot

 実行履歴(ログ)を参照できるようになりました。
screenshot

 実際のメモリ解放の処理は、

「~/Library/LaunchAgents/com.tama-san.LiberaMemoryLaunchd.plist」



「~/Library/Application Support/Libera Memory Resident/LiberaMemory.php」

の2つのファイルがおこないます。

→ Download はこちら
タグ:メモリ
Comment(0) | TrackBack(0) | ユーティリティ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 23:50 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。