2009年12月09日

fruux 0.9.6.5

icon複数の Mac 間で iCal のカレンダー、アドレスブック、Safari のブックマーク、メモを同期できる環境設定パネル(ベータ版)

What's New

  • (FEATURE) Implemented syncing of only chosen addressbook groups and calendars (only on 10.6 systems)
  • (FEATURE) More "sync moments"
  • (FIX) Further improvements of built-in updater
  • (FIX) GUI updates
  • (FIX) Tons of localization updates
  • (FIX) Various bugfixes and performance tweaks

 MobileMe を使わなくても、複数の Mac 間で iCal のカレンダー、アドレスブック、Safari のブックマーク、Mail のメモを同期できる環境設定パネル、fruux がアップデート。

 「同期」タブで同期する項目のチェックを外せば、必要のない項目は同期の対象から外すこともできます。
screenshot

 Mac OS X 10.6 Snow Leopard でしか利用できないようですが、このバージョンでは選択したアドレスブックのグループと、
screenshot

 カレンダーデータのみを同期できるようになりました。
screenshot

 「同期」タブの「自動的に同期する」にチェックを入れておくと、インターネットに接続されていれば一定時間ごとに自動的にデータを同期してくれます。
screenshot

 「復元」タブで「サーバ上のデータを置換」ボタンをクリックするとサーバのデータ内容を今の Mac のデータと置き換え、「このコンピュータをリセット」ボタンをクリックすると Mac 側のデータをサーバのデータと置き換えることもできます。
screenshot

 fruux を利用するには、メールアドレスとパスワードを設定して無料のアカウントを作成する必要があります。日本語ローカライズは、Koichi さん。ベータ版ですので、試用は自己責任で。

→ Download はこちら


Comment(0) | TrackBack(0) | 環境設定パネル | ▲ TOP へ
posted by Tom at 14:30 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2009年09月29日

Growl 1.2

iconアプリケーションからの通知をデスクトップに表示してくれる環境設定パネル(フリーウェア Universal)

What's New

Everything
  • Requires Mac OS X 10.5 or later
  • Much behind-the-scenes modernization, especially in our Xcode projects
  • Installer packages are now Leopard-only flat packages
  • Updated copyright years
Growl
  • Now 64-bit clean, so you no longer need to relaunch System Preferences into 32-bit mode
  • Now warns when you try to install a plug-in that won't work under the current architecture, such as a 32-bit-only plug-in on a 64-bit Mac running Snow Leopard
  • Fixed autorelease-pool messages piling up in the Console
  • Adding Growl and the menu-bar status item to your Login Items list may be more reliable now
  • Now code-signed, to make updating less of a hassle for Prowl users
  • Prefpane should no longer crash when it's missing GrowlHelperApp and GrowlMenu
  • Fixed a crash when the computer has no explicitly-set name
  • Fixed various leaks, most only under garbage-collection,ツdetected by the Clang Static Analyzer
  • Fixed various other bugs found by the Clang Static Analyzer
  • Fixed Installer package only opening System Preferences, not the Growl preference pane
  • Removed ability to install to the Home folder, because that's broken in current versions of Installer

 アプリケーションからの通知をおしゃれに表示して、Mac を使うのをより楽しくしてくれる環境設定パネル、Growl がアップデート。このバージョンからシステム要件が Mac OS X 10.5 以降に変更されています。
screenshot

 Mac OS X 10.6 Snow Leopard 用に64ビットの Intel バイナリも追加され、「Growl」環境設定パネルを開くときにシステム環境設定を起動し直す(↓)必要がなくなりました。
screenshot
 ディスクイメージ内の「Extras」フォルダにある Safari、Mail 用 Growl プラグインも64ビットバイナリが追加されています。

 PISCES でも紹介してきた多くのソフトが Growl の通知に対応。
screenshot

 アプリケーションごとに通知の表示スタイルや、表示位置を設定可能。通知ごとに Growl の通知を無効にしたり、表示スタイル、スティッキー設定、優先度、サウンドをカスタマイズすることもできます。
screenshot

 「表示オプション」タブでは、表示スタイルの透過度や表示時間なども細かくカスタマイズ可能。
screenshot

 Growl アイコンをメニューバーに表示して、一時的に Sticky 表示に切り替えることもできます。
screenshot

 日本語ローカライズは、Daisuke Okada さん。

→ Download はこちら
タグ:通知 Growl
Comment(0) | TrackBack(0) | 環境設定パネル | ▲ TOP へ
posted by Tom at 22:50 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2009年09月20日

RCDefaultApp 2.1

screenshot各種の URL スキーム・ファイル拡張子・ファイルタイプ・MIME タイプ用のデフォルトアプリケーションを設定する環境設定パネル(フリーウェア Universal)

What's New

  • Added ability to ignore creator codes for extensions (MacOS X 10.4 and above).
  • Added IM selection (i.e. aim:// protocol) to the Internet pane.
  • Added Blank/Video BD (Blu-ray) and DVD Device to the Media pane on MacOS x 10.5 (Leopard and above).
  • Added Spanish localization.
  • Only show one version of an application on 10.4 and above, per system limitation.
  • Fixed bug with the File Types tab on Intel machines.
  • Improved discovery of existing settings.
  • Built with a 64-bit Intel binary to work with the Snow Leopard System Preferences.
  • Fixed a couple of other minor bugs.

 デフォルトアプリケーションを設定できる環境設定パネル、RCDefaultApp が約3年ぶりにアップデート。Mac OS X 10.6 Snow Leopard 用に64ビットの Intel バイナリも追加されています。

 Safari や Mail の環境設定で個別に設定するインターネット関連のデフォルトアプリケーションを変更を RCDefaultApp でまとめて設定することができます。このバージョンでは、デフォルトの IM アプリケーションも RCDefaultApp で設定できるようになりました。
screenshot

 拡張子、UTI、MINE タイプ、ファイルタイプからデフォルトのアプリケーションを設定可能。Mac OS 10.5 Leopard までは、ファイルにクリエータコードがある場合にはそちらが優先されるようになっていますが、このバージョンでは拡張子を優先してクリエータコードを無視するオプションも加わっています。
screenshot

 「アプリケーション」タブで、一度に複数の拡張子、UTI、MINE タイプ、ファイルタイプを関連づけることもできます。
screenshot

 また、「メディア」タブでは、デジタルカメラを接続したり、空の CD/DVD を挿入した時に起動するアプリケーションの設定もおこなえます。BD(ブルーレイ)とミニ DVD 機器の設定が追加されました。
screenshot

 日本語ローカライズは、E-WA さんと Fumio Yamamoto さん。

→ Download はこちら
Comment(0) | TrackBack(0) | 環境設定パネル | ▲ TOP へ
posted by Tom at 18:30 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2009年09月04日

iStat menus 2.0

iconシステム情報をメニューバーに表示する環境設定パネル(フリーウェア Universal)

What's New

  • Mac OS X 10.6 support (requires at least Mac OS X 10.5).
  • Aqua skin support in all dropdowns.
  • New menubar layout selectors.
  • Installer now allows you to install for all users.
  • Added option for “Preferences...” item on each dropdown.
  • Added red and purple skins.
  • Display options for each mode are built into the new layout selector.
  • New calendar and world clocks.
  • Added over 20,000 new cities to world clock database.
  • You can now add custom cities to the world clock database.
  • Added several new clock formatters.
  • New clock format selector.
  • Calendar icon can now be place anywhere.
  • Fixed bugs with week number calculations.
  • Calendar supports any day as the first day of the week.
  • Improved calendar support for countries where weekends are on thursday and friday.
  • Date in Date & Time dropdown now uses the full date format as specified in the International or Language & Text preference pane in system preferences.
  • Option to group items together for CPU extra.
  • Improved CPU dropdown display on 16 core systems.
  • Added pie graph mode to CPU.
  • Option to limit CPU history graph to 1 item.
  • Added Console item to CPU and Memory extras.
  • Added pie graph mode to Disk Usage.
  • Added disk ejecting.
  • Added disk mounting.
  • You can now have multiple disks or sensors in the menubar.
  • Network disks are now support in Disk Usage extra.
  • Added option to use base 10 match for calculating hard drive sizes (same as Finder in 10.6).
  • Added Disk Utility item to disks extra.
  • Added new Activity extra for disk activity.
  • New Sensors extra replaces the Temperatures and Fans & Electrics extras.
  • Option to hide “rpm” suffix from menubar display for fans.
  • Fixed bug with “disable on battery” option for S.M.A.R.T drive temperature monitoring.
  • Support for battery cell voltages.
  • Added Overlay graph type to Network extra.
  • Added option to scale network graphs to visible peak.
  • Added network location switching.
  • Added dot mode to Network & Activity extras.
  • Improved support for 2009 Mac Pros.
  • Removed Bluetooth extra (most features will be included in a new extra later on).

 CPU、メモリ、ディスク、ネットワークなどのシステム情報をメニューバーに表示する環境設定パネル、iStat menus がアップデート。このバージョンで Mac OS X 10.6 Snow Leopard にも対応しています。

 インストール後、表示するメニューエクストラにチェックを。クリックすると表示されるパネルで、バーの色やフォントサイズなどをカスタマイズできます。
screenshot

 前バージョンにあった「Temperatures」メニューエクストラと「Fans & Electrics」メニューエクストラは、「Sensors」メニューエクストラにまとめられています。
screenshot

 各メニューエクストラをクリックすると、詳細情報を表示。システム情報だけでなく、カレンダーや世界時計も表示できます。
screenshotscreenshot

 詳細情報の下部から関連するユーティリティアプリケーションを起動できるようになり、「Edid preferences...」を選択すると、iStat menus 環境設定パネルも開けます。
screenshot

 「Disk Usage」メニューエクストラでは、ディスクの取り出しもできるようになっています。
screenshot

 Command キーを押しながらドラッグすると、メニューエクストラの並べ替えができ、メニューバーの外側にドロップすると非表示にできます。
screenshot

 ドネーションウェアです。気に入ったら寄附を。
screenshot

→ Download はこちら
Comment(0) | TrackBack(0) | 環境設定パネル | ▲ TOP へ
posted by Tom at 14:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2009年09月03日

Cameras 1.0.2

icon新しもの好きのダウンロードさん経由

 Mac にデジタルカメラを接続したときの振る舞いを個別に設定できる環境設定パネルです。

 Cameras をダブルクリックしてインストールし、「Enable Camera」にチェックを入れて有効にしておくと、
screenshot

 Mac にデジタルカメラを接続したときにダイアログが表示され、動作を選択できます。
screenshot

 動作を選択して「Always perform this action for this camera」にチェックを入れておくと、そのカメラを接続する度に同じ動作をするようになります。起動するアプリケーションには、デフォルトで iPhoto とイメージキャプチャが割り当てられていますが、「Open other application...」を選択して任意のアプリケーションを起動するように設定することもでき、
screenshot

 「Automatically download」を選択すると、設定した任意のフォルダに自動的に写真を読み込むこともできます。
screenshot

 デジタルカメラだけでなく、iPhone、メディアリーダーなどを接続したときの動作も設定可能。一度設定したカメラは「Cameras」タブに表示され、あとから動作を変更することもできます。
screenshot

 Growl にも対応しており、カメラを接続したときや、写真の自動読み込みが完了したときに通知してくれます。
screenshot

→ Download はこちら
タグ:Growl
Comment(0) | TrackBack(0) | 環境設定パネル | ▲ TOP へ
posted by Tom at 19:20 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。