2008年12月06日

FolderIconFactory 1.3

icon指定したファイルのアイコンから、フォルダアイコンを自動生成するソフト(フリーウェア Universal)

What's New

  • 背景のフォルダーの画像を変更できるようにしました。

 ドロップしたファイルのアイコンを重ねたフォルダアイコンを作成できる、FolderIconFactory がアップデート。

 フォルダアイコンにつけたいファイルを FolderIconFactory のアイコンかウインドウにドラッグ&ドロップして、「make」ボタンをクリックするだけで、
screenshotscreenshot

 ドロップしたファイルと同じフォルダに「(ファイル名)_ICON」というアイコンが貼りつけられた空のフォルダを作成してくれます。親フォルダに作成したアイコンを貼りつけることも可能です。
screenshot
 アプリケーション名はローカライズされた「サンタさんへの手紙」ですが、フォルダ名は英語名の「Letter to Santa Claus」になっています。

 背景のアイコンはフォルダだけでなく、環境設定でハードディスク、CD などにも変更できます。画像ファイルをドロップしたときには、ファイルのアイコンではなくドロップした画像のサムネイルをつけたフォルダも作成できます。
screenshotscreenshot

 ドロップしたファイルの画像の位置や倍率を調整可能。このバージョンでは、「その他」を選択すると、背景のフォルダーの画像を自分で用意したものに変更できるようになっています。
screenshot

→ Download はこちら


タグ:アイコン
Comment(0) | TrackBack(0) | カスタマイズ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 10:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年11月11日

TinkerTool 3.92

iconMac OS X の隠し機能を引き出すツール(フリーウェア Universal)

What's New

  • The internal architecture of TinkerTool has changed to support new features in the future.
  • The option for advanced features of Leopard Screen Sharing will be disabled in operating system versions which cannot support this.
  • The following preference settings have been added for users of Mac OS X Leopard:
    • Disable the shadow when taking a screenshot of a window (cmd+shift+4).
    • Create file names with track numbers when importing music in iTunes 8.
    • Inverse the meaning of the option (alt) key when clicking on links in iTunes 8: Option-clicking will link to the local library.

 システムやデフォルトアプリケーションの隠し機能を引き出して Mac OS X をカスタマイズできる、TinkerTool がアップデート。
screenshot

 Mac OS X Leopard で加わった新機能の隠し機能を引き出せるだけでなく、
screenshot

 アプリケーションのスクロールアローの位置をカスタマイズしたり、スクリーンショットのフォーマットを PNG 以外の画像形式に設定できたり、保存場所をデスクトップ以外に設定できたりと、Mac OS X に標準で備わっていてほしい隠し機能も引き出せます。
screenshot
 このバージョンでは、Mac OS X Leopard から「Command + Shift + 4」キーでスクリーンショットを撮った時につくようになったウインドウの影を写らないようにする設定が加わっています。

 また、「Leopard」パネルには、iTunes 8 で矢印のリンクボタンをライブラリの曲にリンクするようにしていても、「Option」キーを押している時のみ iTunes Store へリンクするようにしたり、iTunes に CD の曲をリッピングする時にトラック番号付きのファイル名で作成しないようにするオプションが加わっています。
screenshot

 「リセット」パネルで簡単にシステム標準の状態に戻すこともできます。
screenshot

 日本語ローカライズは Toshiya Tanaka さん。

→ Download はこちら
タグ:隠し機能
Comment(0) | TrackBack(0) | カスタマイズ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 08:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年09月18日

TinkerTool 3.91

iconMac OS X の隠し機能を引き出すツール(フリーウェア Universal)

What's New

  • Disable the display of the genre column in the iTunes browser.
  • Disable display of links to the iTunes Store.
  • Enable playing songs while importing or converting.

 システムやデフォルトアプリケーションの隠し機能を引き出して Mac OS X をカスタマイズできる、TinkerTool がアップデート。
screenshot

 Mac OS X Leopard でのみ有効な機能ですが、iTunes Store へのリンクアローを非表示にするなどの iTunes 8 関連の隠し機能の設定が追加されています。
screenshot
 TinkerTool の「Leopard」パネルにあります。

 Mac OS X Leopard で加わった新機能の隠し機能を引き出せるだけでなく、
screenshot

 アプリケーションのスクロールアローの位置をカスタマイズしたり、スクリーンショットのフォーマットを PNG 以外の画像形式に設定できたり、保存場所をデスクトップ以外に設定できたりと、Mac OS X に標準で備わっていてほしい隠し機能も引き出せます。
screenshot

 「リセット」パネルで簡単にシステム標準の状態に戻すこともできます。
screenshot

 日本語ローカライズは Toshiya Tanaka さん。

→ Download はこちら
タグ:隠し機能
Comment(0) | TrackBack(0) | カスタマイズ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 02:35 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年08月20日

FolderIconFactory 1.2

icon指定したファイルのアイコンから、フォルダアイコンを自動生成するソフト(フリーウェア Universal)

What's New

  • makeボタンの挙動の設定が効いていない場合があったのを修正。
  • 画像をドロップしたときの挙動を選択できるようにした。

 ドロップしたファイルのアイコンを重ねたフォルダアイコンを作成できる、FolderIconFactory がアップデート。「make」ボタンの挙動の設定が効いていない場合があったのを修正しているそうです。

 フォルダアイコンにつけたいファイルを FolderIconFactory のアイコンかウインドウにドラッグ&ドロップして、「make」ボタンをクリックするだけで、ドロップしたファイルと同じフォルダに「(ファイル名)_ICON」というアイコンが貼りつけられた空のフォルダを作成してくれます。親フォルダに作成したアイコンを貼りつけることも可能です。
screenshotscreenshot

 環境設定でドロップしたファイルの画像の位置や倍率を調整。背景のアイコンはフォルダだけでなく、ハードディスク、CD などにも変更できます。
screenshot

 このバージョンでは、画像ファイルをドロップしたときの挙動を選択できるようになり、
screenshot

 ドロップした画像のサムネイルを付けたフォルダも作成できるようになりました。
screenshotscreenshot

→ Download はこちら
タグ:アイコン
Comment(0) | TrackBack(0) | カスタマイズ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 14:15 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年06月27日

Service Scrubber 1.1.5

iconサービスメニューを整理してくれるソフト(ドネーションウェアUniversal)

What's New

  • [new] Icon
  • [improved] French localization

 ソフトのインストールとともにいつの間にか増えてしまっている「サービス」メニューを整理してくれる、Service Scrubber がアップデート。新しいアイコンなり、フランス語リソースを追加したのみのマイナーアップデートのようです。

 使い方は簡単で、Service Scrubber を起動すると、サービスメニューを提供しているアプリケーションの一覧が表示されるので、不要な「サービス」メニューアイテムのチェックを外して、「保存」ボタンをクリックするだけ。自分の使いたい「サービス」メニューだけが表示されてずいぶんスッキリします。
screenshot

 Mac OS X Leopard では、付属するアプリケーションの「サービス」メニューを非表示にすると、そのアプリケーションでキーチェーンが利用できなくなる不具合があるので残念ながら編集できないようになっています。
screenshot

 「サービス」メニューの名称やショートカットキーをカスタマイズすることも可能。
screenshot

 ドネーションウェアです。気に入ったら寄付を。
screenshot

 日本語ローカライズは、日本語リソース置き場さん。

→ Download はこちら
Comment(0) | TrackBack(0) | カスタマイズ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 19:35 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。