2008年09月16日

OnyX 1.9.8

icon多機能なシステムユーティリティソフト(フリーウェア Universal)

What's New

  • Enable/disable Mail Data Detectors
  • Show/hide the iTunes's link arrows
  • Enable/disable the iTunes's Genre column
  • Error -1712 corrected
  • Swedish, German and japanese translations updated
  • Uninstaller updated

 システムユーティリティの定番、OnyX がアップデート。Mac OS X Leopard 専用バージョンですので、Tiger, Panther, Jaguar をお使いの方は、それぞれの専用バージョンをお使いください。

 このバージョンでは、Mail の Data Detector をオフにできる設定と、iTunes のリンクアローの表示/非表示を切り替える設定が加わっています。
screenshot
 「各種設定」パネルの「一般」タブにあります。

 アクセス権の検証・修復、メンテナンススクリプトの実行や、
screenshot

 アプリケーションやシステムのキャッシュの削除などのメンテナンスも行なうことができます。
screenshot

 システムのさまざまな隠し機能を引き出すことも可能です。
screenshot

 日本語ローカライズは、E-WA さん。

→ Download はこちら


Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | ▲ TOP へ
posted by Tom at 14:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年09月07日

OnyX 1.9.7

icon多機能なシステムユーティリティソフト(フリーウェア Universal)

What's New

  • Deleting the logs improved
  • Deleting the Fonts Cache improved
  • Russian localization updated
  • Opening panels from menu and shortcuts
  • Updating the dyld's cache (formerly update_prebinding)
  • Rebuilding the Spotlight Index in the Automation panel
  • Checking the S.M.A.R.T. Status improved
  • Help updated and reindexed

 システムユーティリティの定番、OnyX がアップデート。Mac OS X Leopard 専用バージョンですので、Tiger, Panther, Jaguar をお使いの方は、それぞれの専用バージョンをお使いください。

 このバージョンでは、「表示」メニューの「パネルを開く…」から「検証」「メンテナンス」「クリーニング」などの各パネルを開けるようになっています。ショートカットキーでも開けます。
screenshot

 また、Maintenance と同様に「メンテナンス」パネルの「再構築」タブに「dyld's cache」の項目が加わり、
screenshot

 「自動処理」パネルの「再構築」の項目には「Spotlight インデックス」が加わりっています。
screenshot

 アクセス権の検証・修復、メンテナンススクリプトの実行や、アプリケーションやシステムのキャッシュの削除などのシステムのメンテナンスも行なうことができるだけでなく、「各種設定」パネルでシステムの隠し機能を引き出すこともできます。
screenshot

 日本語ローカライズは、E-WA さん。

→ Download はこちら
Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | ▲ TOP へ
posted by Tom at 16:55 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする

Maintenance 1.2.4

iconメンテナンスツール(フリーウェア Universal)

What's New

  • Deleting the logs improved
  • Deleting the Fonts Cache improved
  • Show/hide the Maintenance Help at launch (Preferences)
  • Checking the S.M.A.R.T. Status improved
  • Updating the dyld's cache (formerly update_prebinding)
  • Help updated and reindexed

 同じ開発元の OnyX からシステムのメンテナンスとクリーニング機能を抜き出したようなソフト、Maintenance がアップデート。Mac OS X Leopard 専用バージョンです。

 ハードディスクドライブの自己診断機能「S.M.A.R.T.」でチェックし、起動ボリュームの検証を行なうかダイアログが表示された後に、管理者パスワードを入力すると、
screenshot

 アクセス権の検証、メンテナンススクリプトの実行、キャッシュの削除や、
screenshot

 LaunchService データベース、フォルダの表示設定、Spotlight インデックスなどの再構築を行なうことができます。
screenshot

 環境設定で、コマンドを実行する対象となるアカウントと、メンテナンス後の動作を設定可能。
screenshot

 このバージョンでは。「インターフェース」タブで、Maintenance 起動時のヘルプの表示/非表示を選択できるようになっています。
screenshot

→ Download はこちら
Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | ▲ TOP へ
posted by Tom at 09:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年08月05日

Maintenance 1.2.3

iconメンテナンスツール(フリーウェア Universal)

What's New

  • Bug corrected while launching the application
  • Password requested at launch
  • Japanese localization
  • Others Localizations improved

 先日ご紹介したばかりですが。同じ開発元の OnyX からシステムのメンテナンスとクリーニング機能を抜き出したようなソフト、Maintenance がアップデート。Mac OS X Leopard 専用バージョンです。
screenshot

 ハードディスクドライブの自己診断機能「S.M.A.R.T.」でチェックし、起動ボリュームの検証を行なうかダイアログが表示された後に、管理者パスワードを求められるようになりました。
screenshot

 このバージョンから、日本語化されています。アクセス権の検証、メンテナンススクリプトの実行、キャッシュの削除や、
screenshot

 LaunchService データベース、フォルダの表示設定、Spotlight インデックスなどの再構築を行なうことができます。
screenshot

 環境設定で、コマンドを実行する対象となるアカウントと、メンテナンス後の動作も設定できます。
screenshot

→ Download はこちら
Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | ▲ TOP へ
posted by Tom at 07:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年07月31日

Maintenance 1.2.2

iconメンテナンスツール(フリーウェア Universal)

What's New

  • Better compatibility with Mac OS X 10.5.4
  • Bug while deleting the Java Caches corrected
  • Bug while deleting the Fonts Caches corrected
  • Rebuilding the Display of folders content improved
  • Version compiled with Xcode 3.1

 同じ開発元の OnyX からシステムのメンテナンスとクリーニング機能を抜き出したようなソフト、Maintenance がアップデート。Mac OS X Leopard 専用バージョンで、Mac OS X 10.5.4 との互換性が向上しているようです。
screenshot

 アクセス権の検証、メンテナンススクリプトの実行、キャッシュの削除や、
screenshot

 LaunchService データベース、フォルダの表示設定、Spotlight インデックスなどの再構築を行なうことができます。
screenshot
 実行したいコマンドにチェックを入れて、「Excuse」ボタンをクリックし、管理者パスワードを入力するとメンテナンスを実行できます。

 Maintenance 起動時には、ハードディスクドライブの自己診断機能「S.M.A.R.T.」でチェックし、
screenshot

 起動ボリュームの検証も行なってくれます。
screenshot

 環境設定で、コマンドを実行する対象となるアカウントと、メンテナンス後の動作も設定できます。
screenshot

→ Download はこちら
Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | ▲ TOP へ
posted by Tom at 01:35 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。