2006年05月25日

PicturePopPro 2.0p1

iconVersionTracker 経由

 かなり以前に一度ご紹介したことがありますが、選択した画像や Quicktime ムービーのプレビューを表示してくれるコンテクストメニュープラグイン、PicturePopPro の次期バージョンプレビュー版がフリーウェアとなって登場。

 表示方法を切り替えて画像をブラウズできます。フルスクリーン表示にも対応しています。
screenshot
screenshot

 画像にラベルを付けたり、ほかのフォルダに移動させたり、デスクトップピクチャに設定する機能などもついています。
screenshot

 背景色やナビゲーションのキーモードなどは、PicturePopPro の環境設定で変更できます。
screenshot

 このバージョンは Universal binary 化されていませんが、作者さん曰く、Universal Binary 化してデバッグするために Intel Mac を購入したいので、気に入ったら寄付してほしいとのこと。

 プレビュー版ですので、試用は自己責任で。

→ Download はこちら


2006年05月03日

FolderGlance 2.0.1

icon階層を辿って目的のファイルやフォルダを開けるようにするコンテクストメニュー+環境設定パネル(ドネーションウェア Universal)

What's New

  • This version fixes two bugs on Mac OS X 10.3.9 and earlier. First, an issue where single-clicks would be interpreted as double clicks has been resolved, and second, disclosure triangles in the Finder now behave normally.

 Universal Binary 化されて、Intel Mac でも動作するようになった FolderGlance がアップデート。Mac OS X 10.3.9 以前で起こる不具合が修正されているようです。

 コンテクストメニューから階層を辿っていって、目的のファイルやフォルダを開いたり、
screenshot

 画像ファイルをプレビュー表示できたり、
screenshot

 デフォルトのアプリケーション以外で開けたりと便利な機能がいっぱいです。
screenshot
 前バージョンから、Finder 上でマウスを長押しするだけで、コンテクストメニューを表示できるようになり、Apple 純正のワンボタンマウスを使っている人にも使いやすくなりました。

 日本語ローカライズは Takeshi Fukui さん。

→ Download はこちら
2006年04月19日

GrimRipperCM 1.4.1

iconリソースフォークを削除するコンテクストメニュープラグイン(フリーウェア Universal)

What's New

  • Fixed the problem with loading under Mac OS 10.3.9

 コンテクストメニューからリソースフォークを削除してくれる、GrimRipperCM がマイナーアップデート。Mac OS X 10.3.9 で読み込まれない不具合が修正されているそうです。

 リソースフォークがついているファイルを選択すると、コンテクストメニューに「リソースフォークを削除」の項目が現れます。
screenshot

 「本当に削除してよろしいですか?」と確認され、
screenshot

 さらにもう一度確認されます。
screenshot
 自分が何をしているのかよくわからない人は、ここで止めて「リソースフォーク」の意味を検索してみましょう。使い方によってはたいへん危険です。

 「リソースフォーク」の意味を理解していて、確認のメニューがうっとうしい人は同梱されている GrimRipperCM Setup でメニューを省略するように設定することもできます。
screenshot

 日本語ローカライズは、E-WA さん。

→ Download はこちら
2006年04月11日

FolderGlance 2.0.0

icon階層を辿って目的のファイルやフォルダを開けるようにするコンテクストメニュー+環境設定パネル(ドネーションウェア Universal)

What's New

  • FolderGlance now supports control-free popups! Simply click-and-hold in the Finder, and when the contextual menu pointer appears, release the mouse button. The contextual menu will appear!
  • FolderGlance now comes with a comprehensive user's guide.
  • The size of in-menu previews can be customized.
  • FolderGlance will ask you if you want to replace files with the same name when moving or copying files and folders. Previously, the files would simply not be moved.
  • Added the ability to move files and folders to the trash by typing Command-Backspace or Command-T.
  • Support for generic icons.
  • Fixed a bug with automatic update checks on Intel-based Macs.

 Universal Binary 化されて、Intel Mac でも動作するようになった FolderGlance が、ベータが取れて正式版になりました。バージョン番号も 2.0.0 に大きく上がっています。
screenshot
 今回ははじめから日本語で表示してくれました♪

 さてさて、今回は新機能でものすごいものが加わっています。画像ではわかりづらいですが、Control + クリック、または2ボタンマウスで右クリックしなくても、Finder 上でマウスを長押しするだけで、
screenshot

 コンテクストメニューが現れます! 旧 Mac OS の FinderPop みたい。
screenshot
 これでまだ純正のワンボタンマウスを使っている人も快適です(?)

 コンテクストメニューが現れるまでの長押し時間は、環境設定パネルで調節できます。
screenshot

 また、選択した画像ファイルのプレビューサイズも三種類から選択できるようになっています。
screenshot

 新機能以外については、前回の記事をご参照ください。

 日本語ローカライズは Takeshi Fukui さん。

→ Download はこちら
2006年03月21日

FolderGlance 1.7.7b2

icon階層を辿って目的のファイルやフォルダを開けるようにするコンテクストメニュー+環境設定パネル(ドネーションウェア Universal)

What's New

  • The "Only show folders" setting now updates correctly in FolderGlance's preferences panel.
  • Sorting now works properly on Intel-based Macs.

 ご紹介が遅くなってしまいましたが、Universal Binary 化されて、Intel Mac でも動作するようになった FolderGlance の新しいベータ版が登場。前バージョンの不具合が修正されているようです。

 コンテクストメニューで階層を辿って目的のファイルやフォルダを開けるだけでなく、選択した画像ファイルのプレビューも可能。
screenshot

 選択したファイルを任意のアプリケーションで開くこともできます。
screenshot

 また、Finder で選択したファイルを階層を辿って任意のフォルダに移動/コピーする便利な機能も。
screenshot

 Tom の環境では、あいかわらず日本語表示になってくれませんが、日本語ローカライズは Takeshi Fukui さん。
screenshot

 ベータ版ですので、試用は自己責任で。

→ Download はこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。