2008年01月25日

スナッチ

  楽天レンタル から2回目に送られてきた DVD の中の1枚。

 『スナッチ』は先日書いた『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』のガイ・リッチー監督の長編第2作。いっしょに送られてきたんです〜。

スナッチ デラックス・コレクターズ・エディション  ノミ屋経営で大儲けしているブリック・トップに接近した裏ボクシングプロモーターのターキッシュとその相棒トミーは、彼のために八百長試合を仕込むことになるが、トレーラー購入のため当日使うボクサーを連れてパイキー流浪民のキャンプを訪れたところでトラブル発生。

 一方、ベルギーで86カラットのダイヤと小粒の宝石を手に入れたギャンブル好きのフランキーは、ダイヤをニューヨークのボスに届けねばならなかったが、途中で小粒の盗品をさばくためにロンドンに寄り、仲間の裏切りで罠にはめられ・・・というストーリー。

 あ〜〜〜、ゴメンナサイ。前作もそうでしたけど、この作品も群集劇なんで、ストーリーを短くまとめてみたところで、どんな映画だかさっぱりわからないかもです(笑)。

 なんたって主要な登場人物だけでも十人くらいいるわけですよ、この映画。だいたい Tom は外国の俳優の顔をなかなか覚えられないので、こんなに登場人物が多い作品を観ると、途中で誰が誰だか分からなくなってしまいがちなんですけど、みんなアクの強い個性的なキャラクターばかりなので混乱することもなく、笑いっぱなしで観賞できました。

 金儲けの才能のあるユダヤ人に憧れてユダヤ人になりきっているものの、まったくユダヤ人に見えない容姿の宝石商とかおかしすぎる〜。前作に惚れ込んだブラッド・ピットが本作にパイキー役で出演していますけど、ほかの登場人物に比べるとキャラが薄いですねぇ。

 スタイリッシュな映像は前作の方がよかったと思いますが、複数のストーリーがテンポよく同時進行し、最後で見事に収斂する作り方は嫉ましいくらいに巧い! 冒頭のシーンとラストはこういう風につながっていくんだねぇ。タランティーノ監督の作品を観るんだったらこちらを観た方がぜんぜんいいですよ。

 劇中で現在の奥様、マドンナの「Lucky Star」が流れるのが笑えました。
 Madonna - Lucky Star :
  Madonna - Madonna - Lucky Star

 スナッチ(Amazon)

→ Tom の評価


Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | ▲ TOP へ
posted by Tom at 13:55 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年01月22日

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

  楽天レンタル から2回目に送られてきた DVD の中の1枚。

 『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』は、ここ数年、映画監督としてよりもマドンナの旦那として有名になってしまった感のあるガイ・リッチー監督の長編デビュー作。以前、映画の趣味が合わない友人が絶賛していて、「タランティーノ(の初期作品)が好きなら、ぜったいに気に入るはず」と太鼓判を押していたのを思い出し、「どうかなぁ?」と思って観賞してみました。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ  カード・プレイの切れ者として知られるエディが仲間3人から金を集め、ギャングの顔役ハリーを相手にカードでひと儲けしようと企むものの、逆に多額の借金を作ってしまう。返済猶予は1週間。途方に暮れるが、隣人のマフィアの情報を偶然耳にして、マリファナ工場から奪ったドラッグと金を横取りして返済に充てようとするのだが・・・というストーリー。

 結論から言うと、すごく面白い映画でした。好みが合わない友人の言うことにもたまには耳を傾けるものだと反省。

 タランティーノ監督と比較される(そしてタランティーノ監督ほど有名ではない)らしいけど、個人的には『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』(Amazon)よりも本作は格段によかったです。

  低予算で製作された作品ではありますが、スタイリッシュな映像もよかったし、スピード感、ストーリー展開も巧妙で、ぐいぐい引きつけられる作品です。オススメ!

 どんどんドツボにハマっていく先が読めないストーリー展開は、タランティーノ作品よりも、一時期すごく好きだったコーエン兄弟のクライムムービーに近いものがあると感じました。

 バイオレンスな描写でタランティーノ作品と比較されるのかもしれないけど、別物なんじゃないかな? 二人の共通点は最初の2作品が最高傑作ということだけなのでは・・・?

 ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(Amazon)

→ Tom の評価
Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | ▲ TOP へ
posted by Tom at 17:33 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年01月20日

楽天レンタルに入会してみました(その3)

icon  間が空きましたが前回の続きで、「オンライン DVD・CD レンタルお試し再び! こちとら自腹じゃ!」(笑)。興味のある人だけ読んでね♪

  楽天レンタル の「スタンダードプラン」に入った翌日には最初の DVD が到着。
screenshot
 配送はクロネコメール便の「速達」でした。

 ディスクが入っているビニールの封筒は、返却にも使われます。
screenshot

 表面をめくると、下にはあらかじめ返送先の住所が印刷されてあり、郵便切手も貼られてあるので、観(聴き)終えたらディスクを入れて、表面を切り取って封をして郵便ポストに投函するだけ。
screenshot
 この辺りは TSUTAYA DISCASぽすれんDMM と同じですね。年会費があるから試していないけど、GEOLAND も同じなのかな?

  楽天レンタル がほかのオンライン DVD・CD レンタルと異なるのは、現在「投函メールで返却処理 ! キャンペーン」を実施していること。
screenshot

→ 続きを読む
Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | ▲ TOP へ
posted by Tom at 12:17 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年01月15日

あるスキャンダルの覚え書き

  楽天レンタル に入会して、最初に送られてきた DVD の中の1枚。

 日本で公開されたときにはそれほどみたいと思わなかったんですけど、原作がブッカー賞の最終候補作になった同名小説(Amazon)であることを知り、「おもしろいかなぁ?」と思って『あるスキャンダルの覚え書き』を観賞してみました。

あるスキャンダルの覚え書き  主演はオスカー女優であり、エリザベス1世を演じたことがあるという共通点を持つ、ケイト・ブランシェット(シーバ役 手前→)とジュディ・デンチ(バーバラ役 奥→)。

 歴史教師のバーバラは、厳格すぎるゆえに生徒ばかりか同僚教師たちからも疎まれる孤独な存在。そんなある日、美しい美術教師シーバが赴任してくる。シーバは平穏な家庭生活を営みながらも自信を持つこともできず、どこか満たされないでいる。ある出来事をきっかけにシーバと親しくなったバーバラは、シーバと生徒の情事を目撃してしまい、彼女の秘密をちらつかせながら、シーバとの関係をより深いものにしようとする・・・というストーリー。

 ブッカー賞最終候補作が原作ということで深みのある作品を期待していたんですけど、前半はたしかに良作の予感がしたものの、バーバラがシーバの情事を目撃してしまったことにより、二人の間に微妙なパワーバランスができてしまう辺りからなんだか微妙に・・・。

「友達の忠告がどうして聞けないの?」

「私が悲しんでいる時にどうしていっしょにいてくれないの?」

などと、歪んだ友情に変化して、バーバラがシーバの弱みにつけこんでぐいぐい迫る、迫る・・・

 一歩間違えるとストーカー映画じゃん?

 「スキャンダルの覚え書き」を書いているバーバラ自身がやっていることも、表に出ればずいぶんスキャンダラスなんですけど・・・これは皮肉なユーモアなのか?

 しかし、そこは、ほれ、二人のオスカー女優ですから、作品がB級サスペンスに落ちてしまわないように必死に(?)演じてくれています。これが二人の演技力を引き立たせるための意図的な演出だったらスゴイよなぁ、と思わせる映画でした。

 あるスキャンダルの覚え書き(Amazon)

→ Tom の評価
Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | ▲ TOP へ
posted by Tom at 15:17 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
2008年01月11日

しあわせな孤独

  楽天レンタル に入会して、最初に送られてきた DVD の中の1枚。

 日本公開時にはノーマークだったんですけど、『しあわせな孤独』がここ数年ハマりまくっている監督ラース・フォン・トリアーらが提唱するドグマ95(参考:ドグマ95から広がるネットワーク)の作品だと知り、レンタルしてみました。

 ドグマ95の作品を観賞するのは、 TSUTAYA DISCAS の無料お試し期間にレンタルして観た『幸せになるためのイタリア語講座』に続いて2作目。日本で公開されている作品が少ない上に、レンタルで観ることができるタイトルが残念ながらほとんどないんですよね・・・。

しあわせな孤独  ある日、セシリの目の前で結婚を間近に控えた婚約者のヨアヒムが交通事故に遭う。全身不随になってしまった絶望からヨアヒムはその日以来セシリを遠ざけるようになる。ヨアヒムを轢いたクルマを運転していたマリーの夫ニルスは、ヨアヒムが運び込まれた病院の医師。ニルスは謝罪のためにセシリを訪れるが、ヨアヒムの冷たい態度に寂しさを感じるセシリはニルスの優しさに惹かれていき、二人の関係は・・・というストーリー。

 最初にあらすじを読んだ時にただの「不倫恋愛映画」なのかと思って、もう少しでレンタル候補リストに入れないところでしたが、見逃さないでよかったです。

 交通事故という突然の出来事により、セシリとヨアヒム、ニルスとマリーの関係が大きく変わっていく中で、悩み、戸惑うそれぞれの主人公の描き方が実に巧いんです。

 ただの恋愛映画ではなく、独りになることでそれぞれが新しい自分になろうとしている姿を描いた佳作。自分が同じ立場に置かれたらどうするかなぁ?と考えてしまいます。お涙頂戴ものの作品を観てもほとんど感動することがない(そのため一部の知人から「血が通っていない」とひどいことを言われる)Tom でもジーンと来てしまいました。監督のスザンネ・ビアはデンマークの新鋭らしいですけど、これからの活躍に期待。

 お国柄の違いのせいか、日本人の感覚では納得できないところもなくはないけど、安っぽい恋愛映画で感動している人にはこの作品をぜひ観てほしいなぁ。あらすじだけ読んでもピンと来ないと思うので、まずは観てください。

 しあわせな孤独(Amazon)

 やっぱりドグマ95の作品って、自分の好みに合ってるような気がする。ほかの作品もレンタルで観られるようになるといいんですけど・・・。

→ Tom の評価
Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | ▲ TOP へ
posted by Tom at 09:45 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。