2009年12月15日

Libera Memory 1.5.0

iconメモリを解放するアプリケーション(フリーウェア Universal)

What's New

  • 物理メモリ総量から取得可能なメモリ情報を引いた値を「Other」として表示するようにした。
  • 円グラフの100%を「物理メモリ総量」に固定した。
  • 「Wired に VRAM を加える」のオプションを削除。

 再利用するためにメモリへ残されたデータ、バッファキャッシュ(Buffer Cache)を素早く安全に消去するアプリケーション、Libera Memory がアップデート。

 このバージョンでは、物理メモリ総量から取得可能なメモリ情報を引いた値を「Other」として表示するように変更されています。Libera Memory のウインドウの「Release」をクリックするか、「Command」+「D」キーを押すだけで、
screenshot

 メモリの「Inactive(不使用)」が減らなくなるまで処理が続けられ、
screenshot

 「Free(空き)」が増えて、物理メモリの空き容量を圧迫するのを防げます。
screenshot

 メモリ解放の自動実行機能もあり、アプリケーション名に手動で「Auto」の半角4文字を加えておくと、
screenshot

 起動直後に自動的に処理を開始し、処理完了後に自動的に終了するようになります。
screenshot
 「Auto」に続いて数字を追加すると、その回数、連続で処理をおこないます。連続9回まで可能となっています。

 メモリを周期的にチェックして解放を試みる、Libera Memory Resident もあります。

Download : ものかの

Libera Memory のそのほかの記事



 このブログはサイト名を変更してこちらに移転しました。
 → life with i - Mac, iPhone, iPad のある生活

タグ:メモリ
Comment(0) | TrackBack(0) | ユーティリティ | ▲ TOP へ
posted by Tom at 01:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前[必須]:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
AdSense Amazon App Store CD Core Image Delicious DVD Facebook Firefox flickr ftp google GPS Growl iCal iChat Instapaper iPhone iPhone アプリケーション iPhoto ipod iSight itunes iTunes Store Mail OCR PDF Podcast Push Notification Quick Look QuickTime Read it Later RSS safari Shelf Spotlight To Do twitter Wikipedia Yahoo! YouTube はてな アイコン アップデート情報 アラーム アンインストール アンチウイルス アートワーク イメージ検索 インターネット tv ウィジェット ウインドウ エディタ オンライン DVD/CD レンタル オープン・セーブダイアログ カレンダー カーソル クリップボード グルメ情報 コントローラ サムネイル システム情報 ショッピング スクリーンキャプチャ スクリーンセーバ スリープタイマー ソーシャルブックマーク タイマー チャット テレビ番組 デスクトップ データベース トイカメラ ニュース バックアップ パスワード プラグイン マインドマップ メディアプレーヤー メモ メンテナンス ユニバーサルアクセス ランチャー リサイズ 交通情報 内蔵カメラ 内蔵マイク 切替 加速度センサー 動画編集 天体 天気情報 字幕 季節もの 定型文 手書き 日本語入力 時計 更新チェック 書籍 楽器 歌詞 無音分割 画像ブラウザ 画像処理 登録情報 管理 縦書き表示 解凍 言語リソース 辞書 通知 通貨換算 連写 配送状況 録画 録音 防災情報 隠し機能 青空文庫
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。