2005年05月03日

es[エス]

es[エス]
モーリッツ・ブライプトロイ オリバー・ヒルツェヴィゲル クリスティアン・ベッケル ユストゥス・フォン・ドーナニー
ポニーキャニオン 2004-03-03


by G-Tools

 ひさしぶりにレンタルして、前から観たかった『es[エス]』を観てみました。スタンフォード大学事件を元にした本作ですが、発想の元となっただけで実際の事件とは内容が異なるそうです。

 おすぎがこの作品を褒めていたという話を聞いたので、本当は褒めたくないんですけど(笑)、気に入らない点はいくつかありますが個人的にはかなりオススメです。特殊な状況下でふつうの人間がいとも狂気へ向かっていくかよく描かれています。人間だれもが「自分だけは大丈夫」と思っているものですが、条件さえ整えばたやすく異常な世界へ足を踏み入れてしまうのです。それがナショナリズムに利用された場合は、集団化され、無残な戦争へと向かって行くのです。この作品がナチスを生んだドイツから出てきたのは興味深いところです。

 この作品でいちばん残念なのは、主人公の設定の仕方でしょう。おそらくハリウッド映画を意識しているのか、元記者という設定で、実験を記事にするためにわざと看守役を煽っていきます。そのため人間の心理が無意識のうちに変化していく実験の過程が特殊なものに見えてしまうのです。ここはごく一般の人間を主人公に置いて、普遍性を強調すべきでしょう。

 myrate
 あいにく DVD は品切れになっているようですが、再発売されたら Tom の DVD ライブラリに加えたい作品です。



 このブログはサイト名を変更してこちらに移転しました。
 → life with i - Mac, iPhone, iPad のある生活

Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | ▲ TOP へ
posted by Tom at 23:26 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前[必須]:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
AdSense Amazon App Store CD Core Image Delicious DVD Facebook Firefox flickr ftp google GPS Growl iCal iChat Instapaper iPhone iPhone アプリケーション iPhoto ipod iSight itunes iTunes Store Mail OCR PDF Podcast Push Notification Quick Look QuickTime Read it Later RSS safari Shelf Spotlight To Do twitter Wikipedia Yahoo! YouTube はてな アイコン アップデート情報 アラーム アンインストール アンチウイルス アートワーク イメージ検索 インターネット tv ウィジェット ウインドウ エディタ オンライン DVD/CD レンタル オープン・セーブダイアログ カレンダー カーソル クリップボード グルメ情報 コントローラ サムネイル システム情報 ショッピング スクリーンキャプチャ スクリーンセーバ スリープタイマー ソーシャルブックマーク タイマー チャット テレビ番組 デスクトップ データベース トイカメラ ニュース バックアップ パスワード プラグイン マインドマップ メディアプレーヤー メモ メンテナンス ユニバーサルアクセス ランチャー リサイズ 交通情報 内蔵カメラ 内蔵マイク 切替 加速度センサー 動画編集 天体 天気情報 字幕 季節もの 定型文 手書き 日本語入力 時計 更新チェック 書籍 楽器 歌詞 無音分割 画像ブラウザ 画像処理 登録情報 管理 縦書き表示 解凍 言語リソース 辞書 通知 通貨換算 連写 配送状況 録画 録音 防災情報 隠し機能 青空文庫
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。