2010年05月25日

Hipstamatic 155 [iPhone]

iconレンズ、フィルム、フラッシュを交換することでさまざまな種類の写真を撮影できる、トイカメラ iPhone アプリケーション

What's New

  • You can now zoom-in to Recent Prints (just double tap a print, or tap once then tap the tiny thumbnail)
  • Images are now geo-tagged (if you have 'Save EXIF Data' turned on in Settings)
  • Increased the maximum number of Recent Prints to 72
  • Increased the default print size to 600 pixels square

 実際のトイカメラを忠実に再現した iPhone アプリケーション、Hipstamatic がアップデート。このバージョンから、デフォルトの保存解像度が 512*512 ピクセルから 600*600 ピクセルに変更されています。

 Hipstamatic を起動するとカメラの背面を模した画面になり、丸い黄色のボタンをタップして撮影します。ファインダーの下のスイッチを左に動かすとフラッシュを利用したような撮影が可能です。右下の矢印のボタンをタップすると、
screenshot

 カメラの前面を模した画面に切り替わり、
screenshot

 横にフリックしてレンズを交換できます。
screenshot

 ツールバー左側のボタンをタップすると、フィルムの選択画面に切り替わり、
screenshot

 上下にフリックしてフィルムを交換可能です。また、ツールバーの左から2つ目のボタンをタップすると、フラッシュを交換することができます。
screenshot

 一部のパーツは有料で、アプリ内課金で購入可能です。標準の状態でレンズとフィルムが3種類、フラッシュが2種類備わっています。
screenshot

→ 続きを読む


ランブリン 2.0.0 [iPhone]

icon地域情報を融合した Twitter クライアント iPhone アプリケーション

What's New

  • Twitter機能の大幅な改善、および新機能の追加(タブ式リスト、公式RT、各種入力アシストなど)
  • スポットにつぶやく回数によって、スポットへのファン度合を示す「ファンバッジ」をゲット
  • スポットへの簡単チェックイン機能の追加
  • エリア、スポット、マップ画面での新しいユーザーインターフェイスの導入
  • 検索機能の搭載
  • スクロール等、処理速度の大幅な向上
  • 内部設計の抜本的な見直し

 地域情報を融合した新しいタイプの Twitter クライアント iPhone アプリケーション、「ランブリン」がアップデート。

 Twitter のアカウント情報を入力してログインすると、iPhone の GPS を利用して「エリア」タブに周辺のユーザのツイートを表示。ジオタグがついているツイートのみを表示することもできます。
screenshotscreenshot

 右上のアクションボタンをタップすると、今いる場所の情報をツイートしたり、よく行く場所として登録することができます。左上の「周辺情報」ボタンをタップすると、周辺のスポット情報を表示。
screenshotscreenshot

 カテゴリ別にスポット一覧を表示したり、地図上に表示することもできます。地図をドラッグして移動し、その周辺のツイートを表示することも可能です。
screenshotscreenshot

 スポットを選択して「チェックイン」ボタンをタップすると、スポット情報が入ったツイートが自動的に投稿されます。チェックインの前後につける文言は環境設定でカスタマイズできます。
screenshotscreenshot

 このバージョンでは、スポットでツイートした回数によってファン度合を示す「ファンバッジ」を得られるようになりました。「検索」タブでは、スポット/ツイート/ユーザーを検索することもできます。
screenshotscreenshot

→ 続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。