2010年04月09日

RSS Flash g 2.5 [iPhone]

iconGoogle リーダーと同期する RSS リーダー iPhone アプリケーション

What's New

  • 既読やスターが反映されない問題の修正
  • Evernote連携専用メール設定を追加
  • フォントの選択の設定を追加
  • アイテム画面の本文の行間を調整
  • フォルダ一覧、フィード一覧でもフォントサイズを連動して変更するように修正
  • テーマを2つ追加(Black,Tunes)
  • フォルダ・フィード単位での同期時に、同期アイテム数が多い場合は、数回に分けて体感速度をくするように改善
  • アプリ情報画面を変更
  • 一部のテーマのデザインを修正
  • 画面回転の制御方法を変更し、回転時にOn/Offを変更できるように修正、また画面回転をつねにロックする設定も追加.(オンにすると回転時にボタンが表示されません)
  • シェイク時の設定を削除し、常に全画面表示切り替えに変更しトリプルタップでの全画面切り替えは削除
  • RSS記事表示時も、ダブルタップではなく、トリプルタップでの操作に変更
  • アクションメニューの表示方法を選択可能にし、タイル表示を追加
  • アプリを友人に知らせる機能を追加

 Google リーダーと同期する多機能な RSS リーダー iPhone アプリケーション、RSS Flash g がアップデート。

 Google アカウントを入力して画面左下のボタンをタップすると、同期を開始。右から2つ目のボタンをタップすると、フォルダ表示とフィード表示を切り替えられます。
screenshotscreenshot
 設定の「同期」で起動時に自動的に同期を開始するようにしたり、RSS 内の画像をキャッシュすることも可能です。

 v.2.4 でテーマが8種類に増えましたが、このバージョンではさらに2種類のテーマが追加されています。設定の「表示」から選択して利用できます。
screenshotscreenshot
screenshotscreenshot
screenshotscreenshot
 タイトルフォントも選択できるようになりました(右)。

 フォルダをタップした時の動作をアイテム一覧/フォード一覧/両方から選択できます。
screenshotscreenshot

 記事の全文配信がないサイトでも、内蔵ブラウザで配信元のページを表示できるだけでなく、
screenshotscreenshot

 Google Mobilizer、Instapaper Mobilizer に加え、このバージョンから POPONTA PROXY を利用したモバイル向けの表示にして読むこともできます。
screenshotscreenshot
 端末を振ると、全画面表示に切り替わります。

→ 続きを読む


Twittelator Pro 3.8 [iPhone]

icon多機能な Twitter クライアント iPhone アプリケーション

What's New

  • 350 accesses per hour now! (up from 150) No more 'Twitter Jail'!
  • You can search any timeline with handy search field
  • Geotag tweets "fuzzily" to your neighborhood or your city to protect privacy
  • A location pin is dropped in Maps app when opened via Twittelator
  • Any unread tweet, no matter how many, are saved on quit
  • Added Instapaper Mobilizer

 多機能な Twitter クライアント iPhone アプリケーション、Twittelator Pro がアップデート。

 このバージョンでは、1時間あたりのアクセス数の上限が150から350へ変更されています。また、未読のツイートの数が多い場合でも、Twittelator Pro 終了時に保存されるようになり、タイムラインのいちばん上まで行くと検索フィールドを表示し、
screenshotscreenshot

 インクリメンタルサーチでタイムラインを検索できるようになりました。すべてのタイムラインで利用でき、日本語での検索も可能です。
screenshotscreenshot

 v.3.7 からツイート中のリンクの表示に Google Mobilizer を利用したモバイル向け表示が採用されましたが、Instapaper Mobilizer もボタンをタップするだけで設定できるようになりました。これまで通りカスタマイズ可能ですので、ほかのモバイル向け表示に変換するサービスも利用できます(個人的には、POPONTA PROXY に設定しています)。また、ジオタグをツイートにつける際に、プライバシー保護のため正確な位置ではなく、場所を曖昧にする設定が追加されていますが、Twitter Location API を利用したもので今のところ日本国内では利用できないと思われます。
screenshotscreenshot

 iPhone の GPS を利用して現在地の Google マップへのリンクをツイートに挿入でき、ツイートする際に写真・動画・音声だけでなく、再生中の曲情報をアートワーク付きでポストすることもできます。
screenshotscreenshot

→ 続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。