2010年04月02日

EveryTwitteIt! 1.2 [Mac]

iconMac 上の身近な情報を素材にツイートする専用ツール(メールウェア Universal)

What's New

 バージョン 1.2
  • ダイレクトメッセージ機能を新規追加。
  • 空のメッセージをツイートできないよう操作性を改良。
 バージョン 1.1
  • 閲覧中のWebページをタイトルとURLの組み合わせでツイートの素材とするメニューを新設。
  • アプリ名の綴りが誤っている箇所を修正。

 Mac 上の身近な情報を簡単にツイートすることができる、EveryTwitteIt! がアップデート。

 EveryTwitteIt! を起動し、環境設定で Twitter のアカウント情報を入力しておくと、メニューバーのアイコンから項目を選択して簡単にツイートすることができます。
screenshot

 このバージョンでは、ツイートの入力画面にアイコンが加わり、
screenshot

 クリックすると、ユーザ名を入力してダイレクトメッセージを送れるようになりました。
screenshot

 一度送信したユーザ名は最大50件まで自動的に登録され、プルダウンメニューから選択できるようになります。オートコンプリート機能をサポートしているので、最初の数文字を入力するだけで登録済みのユーザ名が候補として表示されます。
screenshot

 「なう 写真を投稿!」を選択すると、Finder で選択した画像を読み込んで、メッセージといっしょに投稿可能。画像をドラッグ&ドロップして読み込ませることもできます。
screenshot

 iTunes で再生中の曲情報や、
screenshot

 Safari で閲覧中の Web ページ情報をツイートすることも可能です。
screenshot

 閲覧中のページの選択したテキストをツイートすることもできます。
screenshot
screenshot

 そのほか Mail で受信したメールの件名/選択した本文、iCal に登録済のイベントをツイートする機能も備えています。環境設定で、ツイートする時のフレーズをカスタマイズできます。
screenshot

→ Download はこちら


タグ:twitter

GIZMON iPhone 3G用 ワイド&マクロレンズ

screenshot  iPhone 3GS 標準のマクロ機能より拡大された撮影ができると聞いて、先日「GIZMON iPhone 3G用 ワイド&マクロレンズ」を購入しました。

 付属のマウント用アタッチメントを粘着シートで iPhone 本体に固定して、マグネットレンズを装着する仕組みになっています。

 リンク先のページには、「ハードケースの上からでも問題なく取り付けが可能です」と書かれてあったので、ケースの上からアタッチメントを取り付けてみたところ、付くには付くのですが、ケースが厚いのかアタッチメントの粘着力が足りないのか、レンズを装着してちょっと動かしたらポロッと落ちてしまいました・・・(ちなみに「TUNEWEAR CLIPPINGHOLSTER」のバックケースを使っています)。

 う〜〜〜ん、これは iPhone 本体にアタッチメントを付けるしかない?

 でも、iPhone の背面に指紋がベタベタつくのイヤだなぁ。ブラックだから目立ちやすいし・・・。

 悩んで悩んで悩んで・・・ボンドを使ってケースに強引にアタッチメントを取り付けました(よい子は真似しないでください)。
screenshot

 でも、おかげで iPhone で素敵な写真を撮れるようになりました。
screenshot
screenshot
screenshot
 上の写真は、マクロレンズを装着して撮影した写真に CAMERAtan でエフェクトをかけてあります。

 Tom は楽天市場のギズモショップで購入しましたが、Amazon だとこちらです。

B002FTSIF8GIZMON iPhone 3G用ワイド&マクロレンズ
アドプラス

by G-Tools
タグ:iPhone
Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | ▲ TOP へ
posted by Tom at 02:00 | このブログの読者になる 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。