2010年02月28日

addLib 1.1.0

icon写真からおしゃれなグラフィックアートを作り出す iPhone アプリケーション

What's New

  • バリエーションの多様化
  • 新しいレイアウトの追加
  • スクロールの動作を改良

 おしゃれなグラフィックアートを作り出す iPhone アプリケーション、addLibがアップデート。

 addLib を起動したら左下の「Choose」ボタンをタップして、iPhone の内蔵カメラで新たに写真を撮影するか、写真アルバムから写真を選択。自動的に3枚のグラフィックアートが作成され、
screenshotscreenshot

 中央の作品が画面に合わせて拡大します。フリックで左右の作品に移動可能です。
screenshotscreenshot

 ツールバー中央のボタンをタップすると、ほかの作品に変更可能できます。気に入った作品が作成されたら、右下のフォルダのアイコンのボタンをタップするとボタンが表示され、作品をカメラロールに保存したり、
screenshotscreenshot

 addLib 内から Twitpic に画像をアップロードして、そのリンクを Twitter のツイートに挿入したり、
screenshotscreenshot

 メールに添付して送信することができます。Twitter で作品を共有するには、設定でアカウント情報を入力しておく必要があります。
screenshotscreenshot

 このバージョンでは、新しいレイアウトが追加され、バリエーションも多様化しています。一見ランダムにレイアウトされているように見えますが、グリッドシステム、フラクタル理論、黄金比、顔認識など、さまざまな理論を組み合わせてグラフィックアートを作り出しているそうです。
screenshotscreenshot
screenshotscreenshot
 保存解像度は 320*427 ピクセルと少し小さめです。

→ Download はこちら


MultiVision 1.0.0

 内蔵カメラに映る映像を少しずつ時間をずらして表示する iPhone アプリケーションです。利用には iPhone OS 3.1 以降が必要です。

 MultiVision を起動すると、4分割された画面に内蔵カメラに映った映像が時間をずらして表示されます。
screenshotscreenshot

 ツールバー右側のボタンをタップすると設定パネルが表示され、救いr−んレイアウトを2面、4面、8面の3種類から、映像の遅延時間を0.2秒〜10秒の範囲で設定できます。
screenshot

 カメラのアイコンのボタンをタップすると、映像のスナップショットをカメラロールに保存可能です。保存解像度は320*427ピクセルです。
screenshotscreenshot

→ Download はこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。